オリーブオイル

オリーブオイルの違い!エキストラバージンとその他では全く異なる効果を解説!

オリーブオイルは3種類!違いを解説

オリーブオイルは、イタリアンをはじめ洋食には欠かせないオイルです。オレイン酸やポリフェノールを多く含むので、健康や美容にも効果があるといわれています。

オリーブオイルで便通がよくなる!便秘対策にピッタリ!
オリーブオイルが便通を良くする!スプーン1杯のオリーブオイルで腸スッキリイタリアンなど、料理に欠かせないオリーブオイル。栄養満点のオリーブオイルは、実は便通を良くするのにも役立つんです! オリーブオイル...

しかし、普段何気なく使っているオリーブオイルにも違いがあるのは知っていますか?

実は、オリーブオイルは製法によって違いがあるんです。オリーブオイルの違いを知れば、毎日の食生活にもっとオリーブオイルを活かせますよ!

オリーブオイルには3つの種類がある

オリーブオイルといっても、その種類は様々です。気軽に使える安価なものから、デパートで売っているような高級品まで、世界中にはたくさんのオリーブオイルがあります。

そんなオリーブオイルは製法によって違いがあり、

  1. バージンオリーブオイル(栄養1番!使うならこれ!)
  2. ピュアオリーブオイル(栄養少なめだけど加熱用になら!)
  3. オリーブポマースオイル(ただしオリーブオイルの良さがない代わりに最も安い!)

の3種類に分けられます。

 

バージンオリーブオイル

バージンオリーブオイルは、オリーブの実を絞って作ったオイルです。

オリーブの風味や栄養素がそのままオイルになっているので、オリーブの恵みがたっぷり含まれています。一般的に、オリーブオイルと言われて多くの方がイメージするのが、このバージンオリーブオイルです。

 

バージンオリーブオイルの条件は、原料はオリーブの実だけで、加熱処理や化学処理を行っていないということです。

そしてバージンオリーブオイルの中にもランクがあり、4つの等級があります。最も品質の良いものは「エクストラバージンオリーブオイル」といい、有名シェフが使うような最高級品だと、1瓶で数万円するものも珍しくありません。

もちろん、私達でも手に入りやすいリーズナブルなエクストラバージンオリーブオイルもあります。

以下の等級は、バージンオリーブオイル、オーディナリーバージンオイル、ランパンテバージンオリーブオイルと続きます。

それぞれの等級には厳格な基準が設けられていますが、「バージンオリーブオイル」と付く種類は、すべてオリーブの実を原料としたものです。

ピュアオリーブオイル

ピュアオリーブオイルは、オーディナリーやランパンテなどのバージンオリーブオイルを精製したものを原料にして、ランパンテ以外のバージンオリーブオイルをブレンドしたものです。

オリーブの実だけを使ったバージンオリーブオイルと違い、一度精製したオイルが元になっているため、オリーブ特有の栄養素が少ないのが特徴です。

ピュアオリーブオイルは主に加熱調理用に用いられ、ブレンドによって香りや味も全く異なります。中にはサラダ油のように、風味を感じないようなものもあります。

オリーブポマースオイル

バージンオイルを作った後の搾りかすの事をポマースといいます。ポマースをさらに絞って精製したオイルの事をオリーブポマースオイルといい、最近日本でも1リットル500円程度の格安で出回っています。

このオリーブポマースオイルは、国際オリーブ協会では食用オリーブオイルとして認められておらず、工業用と定められています。

ただし、精製して酸度を0.3%以下にしたオイルであれば、その国の食品基準によって食用として販売することが可能です。

バージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルと違い、オリーブポマースオイルは製法も異なり、オリーブの栄養素もほとんど含まれません。

国際オリーブ協会の規定でも、オリーブオイルという名前で販売する事を許可されていないため、オリーブが原料ではありますが、まったく違うオイルと思っておいた方がいいでしょう。

品質の高い他の種類のオリーブオイルと間違えないように注意が必要です。

オリーブオイルの調理法による違い

オリーブオイルを選ぶときは、調理法の違いによって種類を決めるのがおすすめです!

料理に合わせてオリーブオイルの種類を使い分けると、オイル上級者という感じでかっこいいですよね。ちなみに我が家では、エクストラバージンオリーブオイルと、ピュアオリーブオイルを常備しています。

そのまま使うならエクストラバージンオリーブオイル

オリーブオイルを加熱せず、ドレッシングやパンに付けて食べるなら、エクストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

オリーブの風味がしっかり生きているので、口の中に爽やかな香りが広がります。

オイルによっては舌にピリッとした辛味を感じますが、これは品質が高い証拠です。

エクストラバージンオリーブオイルは、産地やオリーブの品種によって風味が異なるので、こだわりの1本を是非見つけて下さい!

加熱調理ならピュアオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイルは加熱すると風味が飛んでしまうため、炒め物などの加熱調理にはピュアオリーブオイルがおすすめです。

普通のサラダ油のように気軽に使えて、さっぱりとした仕上がりになるのが特徴です。

料理にオリーブオイルを使いたいけれど、香りが強すぎるのはちょっと…。という時に、ピュアオリーブオイルが重宝します。味にも全く癖がないので、活躍の場が多いオイルです!

オリーブポマースオイルは揚げ物に

オリーブポマースオイルは、オリーブ特有の栄養素も香りもほとんど含まれていないので、揚げ物のようにしっかり加熱する料理に使うのがいいでしょう。

ただ、あまり品質の良い油ではないので取りすぎには注意です。

ピュアオリーブオイルでも安価なものが多いので、私はあえてオリーブポマースオイルを選ぶ必要はないと考えています。

風味重視か、コスパ重視か

オリーブオイル特有の風味や栄養素にこだわるなら、バージンオリーブオイルが一番です。

ニンニクやバジルなど、香りが強い食材との相性も抜群で、食欲をそそるオリーブオイルの香りが引き立ちます。加熱すると風味が弱まるので、温かい料理には最後の仕上げにかけるといいでしょう。

 

炒め物や揚げ物など、たくさんオイルを使う調理にはピュアオリーブオイルがおすすめです。

食材の味を邪魔しないマイルドな味わいで、バージンオイルに比べて価格もお手頃なので、コスパは抜群です!

オリーブオイルの成分の違い

バージンオリーブオイルとそれ以外のオイルでは、製法が異なるためオイルに含まれる成分が異なります。

美容や健康にこだわってオイルを選ぶなら、品質の高いバージンオリーブオイルがおすすめです!

バージンオリーブオイルに含まれる栄養素

エクストラバージンオリーブオイルをはじめ、バージンオリーブオイルには様々な栄養素が含まれています。

オレイン酸

不飽和脂肪酸の一種で、血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。

ビタミンE

オリーブオイルに含まれるビタミンEは抗酸化作用が高く、アンチエイジングにも効果的とされています。

βカロテン

体内の免疫力を活性化させ、若々しい肌を作ってくれます。

ポリフェノール

オリーブオイルの苦みや辛味の元となっている成分で、ヒドロキシチロソールとオレオカンタールという2種類のポリフェノールが含まれています。

ヒドロキシチロソールは高い抗酸化作用を持ち、美白効果が期待できます。

また、オレオカンタールは近年の研究で、アルツハイマー病の予防に効果があることがわかってきました。

バージンオリーブオイル以外、栄養は期待できない

オリーブの実をそのまま絞ったバージンオリーブオイルと違い、ピュアオリーブオイルは一度精製過程を経ているため、オレイン酸以外の栄養素はほとんど取り除かれています。

精製したオイルにバージンオイルを添加しているといっても、その割合は非常に低く、10%以下のものがほとんどです。

さらにオリーブポマースオイルになると、オリーブの搾りかすから有機溶剤を使ってオイルを抽出しています。化学処理を施されているので、ポリフェノールなどの栄養素はもちろん、オレイン酸もほとんど含まれていません。

オリーブオイルの違いを知って上手に使い分けよう

オリーブオイルは、製法の違いによって品質が全く異なります。

何度も書いてある通り、オリーブオイルを毎日の食生活に健康的に取り入れるならエクストラバージンオリーブオイルが絶対におすすめです!

オリーブオイルの種類の違いを知れば、自分の好みやライフスタイルに合わせて、オリーブオイル選びの幅が広がります。

是非、オリーブオイルの違いにもこだわってオイル選びを楽しんでみて下さい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。