洗濯機

洗濯機がガタガタ大暴れする問題をスッキリ解消する方法!

洗濯機が暴れる!原因と対策方法まとめ

洗濯機は、私たちが日常的に使っている衣類や布類の汚れや臭いを綺麗にしてくれる、暮らしに欠かせない物ですよね。

そんな洗濯機が時おり、「ガタンガタンッ!!!!」と驚くほど大きな音で激しく揺れているのを見た経験があるのではないでしょうか。

毎日使う洗濯機だからこそ、騒音をまき散らしながら暴れると耳障りですし、それが原因で故障してしまっては大変なことです。

そこで今回は、洗濯機がガタガタ大暴れする問題をスッキリ解消するために「洗濯機が暴れる原因」とその「対処法」を解説します!

この記事を読めば、あなたのご家庭にある洗濯機もガタガタ暴れることなく、最高のパフォーマンスを発揮してくれること間違いなしです!

洗濯機がガタガタ暴れる5つの原因と対処法

洗濯機が暴れるのは、

  1. 洗濯機槽内の洗濯物が片寄ってしまう
  2. 洗濯機本体が傾いている・水平でない
  3. 洗濯機の軸が故障している
  4. 洗ってはいけない物を入れている
  5. 回転ベルトの故障やパルセーターの異常

といった5つの原因が挙げられます。

意外と多いのですが、原因の詳細を知りしっかり対処しましょう!

原因①「洗濯機槽内の洗濯物が片寄ってしまう」の解決法

洗濯機がガタガタと暴れるときって、脱水時が多かったりしますよね。

その原因は、脱水の仕組みにあります。

洗濯機の脱水は「強烈な遠心力」によってなされています。洗濯機槽の回転による遠心力によって洗濯物の水分を飛ばすのです。

そのパワーは「2~3G」ほどの重力があるとされており、それは戦闘機を操縦したときのパイロットにかかる重力と同等だそうです。要は、とても強烈なんです。

▼参考文献

 

それほどの重力がかかった槽内で洗濯物が一ヵ所に片寄ってしまっては、洗濯機の回転がブレてガタガタと暴れ出してしまうのも分かりますよね。

洗濯機槽内の洗濯物を片寄った状態にしてしまうと、洗濯機槽のバランスが崩れて洗濯機が暴れ出してしまうのです。

\解決方法/

洗濯機がガタガタと騒音を鳴らし暴れ始めたら、一度洗濯機を止め、槽内にある洗濯物の片寄りを直しましょう。

また重い洗濯物を入れる場合は、洗濯槽の丸みに沿って洗濯物が円になるようにしてみるのがおすすめです!

カーペットを洗う場合は、洗濯講を真上から見たときにS字になるように入れましょう。

洗濯ネットを使用する際は、一つだけだと塊になりバランスが悪くなるので、小分けにして使用しましょう!

大したことではありませんが、実はこのちょっとの工夫によってガタガタと暴れ出すことはなくなるんです。一度お試しください!

 

原因②「洗濯機本体が傾いている・水平でない」の解決法

洗濯機を設置する際、床が斜めに傾いていたり、床の表面がデコボコしていると洗濯機が安定して運転することができなくなってしまいます。

すると、洗濯物が片寄ってしまったり、バランス悪く回転するので洗濯槽と本体とがぶつかり合ってガタガタ暴れてしまうのです。

\解決方法/

洗濯機を購入すると水平器が付いてきたり、洗濯機自体に備え付けられています。その水平器を用いて洗濯機を水平に固定しましょう!

またどうしても安定しない場所に設置しなければいけない場合は、洗濯機の前足に高さが調節できる仕組みが施されているので、前足の高さを調整して水平になるようにしてみましょう。

さらにゴム製の防音マットやゴム板を入れ、高さ調整や防音防振を図るもおすすめです!

おすすめは東京防音の「洗濯機用防振ゴム ニューしずか」です。

抜群の効果を発揮してくれます!

 

原因③「洗濯機の軸が故障している」の解決法

洗濯物の片寄りを直しても本体を水平に設置してもガタガタと暴れてしまう場合は、そもそも洗濯機槽の軸が傾いている可能性があります。

これではどんな対処をしても意味がありません。

 

何も入れていない状態の洗濯槽を真上から見て、左右のバランスがあきらかにおかしいようであれば軸が傾いています。

\解決方法/

これは素人に直すのは難しいので、修理に出すことをおすすめします。

そのままにしておくと振動によって違う箇所が故障してしまう可能性が出てくるので早めに対応してくださいね!

放置しておくと余計に出費がかさむことになります・・・。

 

原因④「洗ってはいけない物を入れている」の解決法

洗濯機では洗ってはいけない物があること、知っていましたか?

一見、回っているだけなので何でも洗濯できそうですが、防水性のシートや衣類、マットは洗ってはいけません。

というのも、防水性の繊維製品は水を通さないので洗濯機槽に水がたまり、脱水の際に一気にその水が回転するのでバランスを崩しガタガタと暴れてしまうのです。

このことは国民生活センターで防水性繊維製品を洗濯機で脱水をしないよう注意喚起されています!(参考資料:http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20010508_2.pdf

 

\解決方法/

スキーウェア、レインコート、寝袋、ウェットスーツなどといった防水性の衣類などは、洗濯機には入れずに手洗いをしましょう。

面倒かもしれませんが、そのひと手間によって故障を防げると思えば価値のあることです!

 

原因⑤「回転ベルトの故障やパルセーターの異常」の解決法

洗濯機の回転ベルトが切れていたり、パルセーターというプロペラ部分に異常があると上手に回転することができないため、洗濯機が暴れてしまいます。

\解決方法/

部品の修理をしましょう。

回転ベルトは、洗濯機の生命線である回転を生む部品であり、またパルセーターも同様の役割を果たすプロペラ部分です。

頑張っても個人で補修できるものではないので、メーカーや専門業者に修理を依頼しましょう。

器用な人や少し知識のある人であれば補修に挑戦してしまうかもしれませんが、分解したけど組み立てられないとか壊れてしまうという結果も考えられますので、そうなっては余計に出費がかさみます。

早めの修理依頼をおすすめします!

 

洗濯機を買い替えるタイミング

洗濯機は、便利な物ゆえに突然壊れてしまうと大変ですよね。また、たとえ壊れてしまい修理では済まず買い替えることになっても、大きな出費は避けたいものです。

そこで「洗濯機の寿命」や「買い替えのタイミング」についても解説しておきます!

洗濯機の寿命

洗濯機の寿命は、使用頻度に左右されたり、使用状況によって差が出てきますが、一般的には6年~8年と言われています。

また電化製品には、「修用性能部品の保有期間」という家電の部品を保管する期限が法律で定められており、それが切れてしまうと補修は難しくなります。

洗濯機の部品保有期間は、6年間です。

部品がなければ修理もできないので、6年前後を寿命の目安とすることがおすすめです。

 

買い換えのタイミング

洗濯機は一年中同じ値段ではなく、時期によって価格がある程度変動します。

洗濯機は高価な物ですが、購入チャンスの安い時期があるのです!

購入のチャンス①:新製品の発売前

洗濯機の新製品発売の時期目安は、

  • 縦型で高機能な洗濯機:5~6月
  • ドラム式洗濯機:7~9月
  • 一般的な縦型洗濯機:10~11月

ですので、これらの時期より前が購入のチャンス。

また新製品発売後は、型落ち品として在庫一掃セールが行われることもあるので、その時期も狙い目です!

購入のチャンス②:年度の変わり目「3月」

社会人や学生は、4月から新生活を始めます。そのため新居や引っ越しをする人が多く、洗濯機の需要が上がるのです。

そういった方をターゲットに3月頃に家電製品のセールが行われます。大幅な値下げの可能性もあるので、購入のチャンスです!

 

以上の2点を踏まえて計画を組めばとてもお得に買い替えられますよ~!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。